かめの歩みも千里

インデックス投信、優待株投資からコンビニ情報まで、気の赴くままに更新しているノンジャンルのブログです。更新時期は毎週末に集中的に更新中。

第49回青梅マラソン、無事完走しました。温かい気持ちになる大会です。

      2016/01/28


IMG_0501

毎年2月に青梅市で開催される第49回青梅マラソンに出場してきました。
天気は良好。気温も温かく、走るにはベストコンディションでした。

青梅マラソンの概要

・30km/10km 日本陸連公認コース
・30kmの部定員 1万5000人、10kmの部定員 4000人

青梅マラソンは距離が30kmという全国的にも珍しいマラソン大会です。
その歴史は古く第1回大会は1967年。2016年で50回目になります。

大会の歴史|第50回記念!青梅マラソン THE OHME 30 & 10 km ROAD RACE

青梅マラソンの参加人数

30kmの部は定員1万5000人なのですが、3年前に出場した時は最後尾でした。
今回は1500番台とかなり前の方でした。
東京陸連に登録しているので、タイムは遅いのですが前に方にエントリーされました。

IMG_0502

関門について

青梅マラソン(30km)の関門は3箇所あり、15km、20.6km、25kmです。
タイムが遅いランナー(私)は、関門通過は結構ぎりぎりになると思います。

15kmの関門は、折り返しを少し過ぎたあたりにあります。30kmマラソンの折り返しなので、そこが15km関門かと思いきやもう一息先に行ったところに関門があります。

次にやっかいなのは、20.6km関門です。この.6に注意です。
私は20km地点に関門だと勘違いしていたので、この600m差が関門締め切り時間的に辛かったです。

最後の25km関門までくれば、もうひと頑張りです。ここで脱落する方が多い気がします。

特に今回はほとんど練習をせずに臨んだ青梅マラソンなので、13kmあたりから苦行のようでした。
最後の25km関門を通過したあとも、制限時間である15:30までにゴールに到着しないといけません。
私は今回、制限時間30秒前になんとかゴールに駆け込みました(ぎりぎり)。

Sponsored Link

ads by google

正直気持ちが折れそうで、あきらめそうになりました。
ですが、沿道からの応援で「ここまで来たのだから完走しよう」という熱い応援に励まされ、吐きそうになりながらラストスパートを掛けてなんとか制限時間内にゴールできました。

結果速報(青梅マラソンHPに掲載)

種目 30kmの部男子 高校生以上40歳未満

地点 タイム ネットタイム
5km 0:39:50 0:38:48
10km 1:15:58 1:14:56
15km 1:57:20 1:56:18
20km 2:36:20 2:35:18
25km 3:18:20 3:17:18
FINISH 3:59:31 03:58:29

完走率

青梅マラソンの完走率は約90%(らしい)です。
制限時間が3時間40分から4時間に20分延びたことで完走率は高くなりましたが、
それでもアップダウンのきついコースということもあり、関門で引っかかるなど脱落者は多く出ます。

一度コースを走っておくと、いいと思います。
土日に青梅マラソンコースを走るランナーはちょこちょこいます。

ちなみに、ゴールの前でQちゃんこと高橋尚子選手とハイタッチができました(ラッキー)。

サポートについて

青梅マラソンでは、公式スタッフの方をはじめ、近隣住民の方の温かいサポートに支えられて、最後まで走り切ることができました。

スタートからゴールまで沿道には住民の方が応援をしてくれており、ボランティアの給水所として水、氷砂糖、チョコレート、バナナ、みかん、梅干しなどを配ってくれています。

青梅市の街中での応援が個人的にはとても好きです。
それは「帰ってこいよー」です。

青梅マラソンは最初は街中からスタートをして、青梅街道をひた走り山奥へと進んでいきます。そして折り返して帰ってくるというコースです。
そういった意味での「帰ってこいよー」です。

これがとても好きなんです。

青梅マラソンの参加賞

最後に青梅マラソンの参加賞は、Tシャツです。
今回のデザインは爽やかなブルーです。かっこいー!

IMG_0529

コースはきつめですが、あったかい応援を受けて走る青梅マラソン。
興味があれば是非!

青梅マラソン公式HP

それでは!
kimokawa-gutaran

ads by google

こちらもおすすめ!

crazymom-toppage

ネットショップ「Crazy Mom」の特設ページを作りました!

出産祝いにおすすめ!ベビーベスト。

当ブログ限定!オリジナルTシャツはいかが?


 - スポーツ, ランニング