かめの歩みも千里

インデックス投信、優待株投資からコンビニ情報まで、気の赴くままに更新しているノンジャンルのブログです。更新時期は毎週末に集中的に更新中。

『猫弁と少女探偵』~猫弁シリーズ第四弾、少しずつ家族になっていく。

      2015/04/01


大山淳子著『猫弁と少女探偵』講談社文庫を読みました。

 

猫弁はTBSでドラマ化されていたので、観たこともある方もいるかと思います。
吉岡秀隆さんと杏さんが主演されていました。

 

■猫弁シリーズ
この猫弁シリーズは、シリーズ第1弾の『猫弁 天才百瀬とやっかいな依頼人たち』、第2弾の『猫弁と透明人間』、第3弾の『猫弁と指輪物語』と物語は続き、今回読んだ第4弾『猫弁と少女探偵』。

そして、次回作である『猫弁と魔女裁判』がついに最終巻。

全5巻からなる猫弁シリーズですが、シリーズ第1弾はTBS・講談社第3回ドラマ原作大賞を受賞しています。
そして第2弾は、ドラマの原作本となっています。

興味がある方は映像から入るのもありだとは思いますが、個人的には小説の方が面白いですね。
小説を読んで、映像を楽しむというのがおススメコースです。

Sponsored Link

ads by google

ただ映像系を見ると、小説を読むときにドラマのキャストのイメージが引っ張られるので、そこは注意が必要です。

 

YMD86_hotelokujyoumiharasu500

 

■『猫弁と少女探偵』
猫弁第3弾では、主人公である百瀬太郎と大福亜子は婚約をします。
第4弾である本作でも、二人は婚約途中のままです(発展がないのには訳があります)。

ただ、少しずつ二人の人生を歩みだす、そんな情景が心温まる筆致で描かれています。

 

主人公である百瀬太郎は、幼少のころに母親に捨てられ施設で育った経緯があるため、家族というものを知りません。
そんな主人公が、家族ってなにかを手探りで見つけていく。

そんな過程に触れることで、自分自身も家族って何だろうと考えさせられます。

考えてわかることではないかもしれませんが、『猫弁』を通して家族について考えることがとても好きです。

そんな二人も次回作ではついに家族になるのでしょうか。

続きが気になるところです。

それでは!

blogランキングに参加しています。

 

読書日記 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ads by google

こちらもおすすめ!

crazymom-toppage

ネットショップ「Crazy Mom」の特設ページを作りました!

出産祝いにおすすめ!ベビーベスト。

当ブログ限定!オリジナルTシャツはいかが?


 - 読書 ,