かめの歩みも千里

インデックス投信、優待株投資からコンビニ情報まで、気の赴くままに更新しているノンジャンルのブログです。更新時期は毎週末に集中的に更新中。

アニメ「最終兵器彼女」が切なすぎる。最終話まで観て考えたこと。

      2015/11/30


『最終兵器彼女』というマンガ(ビックスピリッツコミック全7巻)があります。

『最終兵器彼女』(さいしゅうへいきかのじょ)は、高橋しんの漫画。小学館の漫画雑誌「ビッグコミックスピリッツ」で、2000年1月から2001年10月まで連載された。単行本は小学館から全7巻と外伝1巻が刊行されており、累計総発行部数は400万部を記録している。略称は「最彼(さいかの)」・「サイカノ」。キャッチコピーは「この星で一番最後のラブストーリー。」
Wikipedia:最終兵器彼女

大学時代、友人の家に『最終兵器彼女』のコミックがあったため、ざっくりしたストーリーは知っていましたが、読んだことはありませんでした。昨日の深夜にCATVで一挙放送されていたので、初めてちゃんと観ました。

このストーリーほんとに切ないです。終始切ない。

未来がない

作中のちせの言葉を借りると、世界規模の大変動が発生しそれにともなう大混乱で核兵器をも使用する大戦争が発生し、安住の地を求めて「敵」は日本に侵略してきたということになる。
Wikipedia:最終兵器彼女

地球が崩壊していく中で、主人公たちは生きています。
詳しいセリフは覚えていませんが、印象的なシーンがあります。

彼女であるちせと駆け落ちをした主人公のシュウジ。ちせの体は最終兵器となっているため、薬がないと生きていけません。
しかし、その薬もあとわずか。そして、ついに薬がなくなります。

ちせは、シュウジに見守られながら自ら滅びようとします。しかし、シュウジは(ちせの気持ちは知らず)二人で生きていくことをちせに求めます。ちせを助けるために、ちせを最終兵器に変えてしまった、自衛隊にちせを預けるシュウジ。

ちせがいなくなった部屋で、ちせの日記を見つけます。
その日記を読み、ちせの「家族のもとに帰ってあげて。」というメッセージに従い、親元に帰るシュウジ。
両親との再会。嬉し泣きをする母。
しかしその後、ちせを想うシュウジは「好きな女のもとに行ってあげたい」と両親に伝えます。
父は「何をしている。早く行ってやれ。母さんにはオレがいるから大丈夫だ。」とシュウジの決断を応援します。

Sponsored Link

ads by google

その夜、シュウジの身を案ずる母にシュウジの父は「シュウジは大丈夫だ。もうそんな歳になったんだ。」と言います。そして母親がシュウジの部屋に張ってある写真をみて、「せっかくこの世に生まれてきたのに。この子の友達はみんな死んでしまった。」と言います。

父親が「シュウジの世代はこれからなんだ。いつまでもこんな時代が続くわけがないさ。」といいます。

シュウジもちせも高校生です。本当はこれからがある世代。夢を描いていける世代。
地球の終わりが近づいているため、未来はありません。ちせに出来ることは、終わりの日を少しだけ先延ばしにすることのみ。
※全世界の生き残った国々の人が安全な地を求めて戦争を仕掛けてきています。それらの脅威から守ることでシュウジたちの生活が、少しでも長く続くようにちせは戦います。

大事な人が次々とこの世を去っていく

最終的には、シュウジとちせだけが地球上に残ります。
それまでの過程で、シュウジとちせの大事な人が次々とこの世を去っていきます。
みんな、生きたい。大事な人とこれからも人生を過ごしていきたい。と思いながら、この世を去っていきます。

それが本当に切なくて、家族を大事にしないといけない。今を大事にしないといけないと思わされます。

まとめ

『最終兵器彼女』、アニメ版を今回初めてきちんと観ました。

こんなにも切ないストーリーは、観ていてほんとに辛かった。
観たくないと思いながらも、いろいろと考えさせられるストーリーでした。
そして大事なことに気付かさせてくれる、そんなストーリーでもありました。

原作であるコミックも、機会があれば読んでみようと思います。

それでは。

【追記】
マンガ『寄生獣』も深く考えさせられる作品です。
寄生獣全10巻を読み直す。小さい時と大人になった時では同じ作品でも感じ方が違う。

TV初公開!寄生獣(前編)TV特別版と劇場版の違いにびっくり!?これは別作品だと思った話。

ads by google

こちらもおすすめ!

crazymom-toppage

ネットショップ「Crazy Mom」の特設ページを作りました!

出産祝いにおすすめ!ベビーベスト。

当ブログ限定!オリジナルTシャツはいかが?


 - マンガ, 生き方を考える