かめの歩みも千里

インデックス投信、優待株投資からコンビニ情報まで、気の赴くままに更新しているノンジャンルのブログです。更新時期は毎週末に集中的に更新中。

お金に苦労しないために、まずはお金の教養を身に着けることが大切。

   


お金って大事です。

ほとんどの方は学生時代は両親が学費の支払いや仕送りをしてくれて、経済的に守ってくれていたと思います。
社会人になると、状況は一変し、自分自身で経済的に自立していく必要があります。

思い返せば、両親からお金について学ぶ機会はそう多くありませんでした。

お金の扱い方や考え方というのは人生においても大事なテーマではあるものの、ほとんど教わらずに社会に出てしまいます。

お金について学ばずにいると、気づかずに損をすることがある

私自身の経験を話すと、高校を卒業し大学に進学する際に、あまり深く考えずに「奨学金」を借りました。
経済的に必要だったから借りたのですが、借金という意識はなく、2種(利子あり)で毎月10万円借りたので、卒業する頃には480万円(利子つき)の立派な借金が出来ました。

声を大にして言いたいのですが、日本学生支援機構の2種奨学金は立派な借金ですので、その意識を持って借りることが大事です。
将来収入で回収していくために、大学時代をどう過ごすか、真剣に考えた方がいいでしょう。

私は大学院に進学する際に、1種(無利子)の「奨学金」を2年間で約200万円借りたので、合計700万円ほどになりました。

大学生の時は、将来480万円の借金を余分に返していけるように、どう自己投資していくかばかり考えていました。
2度目の奨学金は、大学院で学歴をアップさせて、将来の収入で回収するために戦略的に借りました。

結果的には、東証一部上場企業に無事就職することができ、経済的にも安定しています。

ですが、やはりもっと借金であることを意識して奨学金を借りれば、現在の月々の返済額ももう少し小さくすることが出来たと後悔することがあります。大学院は仕方ないとして、学部時代などはアルバイトをして月々の借入額を小さくする余地はありました。

現在、奨学金を毎月3万5千円ほど返済しており、経済的に重くのしかかってきますし、結婚相手にも迷惑をかけます。

お金についての基本的な考え方を身に着けることが大事。

学生時代では奨学金がありますが、社会人として経験を積んでいくと、結婚、住居の購入、毎月のやりくりなど、お金について考える機会が更に多くなります。

人によっては、収入よりも支出が多いという「お金の生活習慣病」にかかってしまうかもしれません。
私も基本的には貯金をしますが、ちょっと貯金が増えてくると多く使い過ぎてしまったりと、このタイプに近いです。

お金に対する基本的な考え方・扱い方を身に着けておくと、お金の生活習慣病にかからず、お金を上手に管理できるようになります。

Sponsored Link

ads by google

今回は、泉正人著『お金の教養 みんなが知らないお金の「仕組み」』を読みました。
以前、参加したファイナンシャルアカデミーの「お金の教養講座」の元ネタ本です。

参加費無料で本まで貰える!ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」を受講してきました。

講座で一度話を聴いていたので、内容がすっと入ってきました。

「収入の2割は貯金、収入の6割は生活費、収入の2割は自己投資」とルール化するなど、お金と上手に付き合っていくためのヒントが紹介されています。

まずはしっかりと貯金が出来る体質づくり、そして投資についての考え方など、お金の教養を高めるための考え方が分かりやすく紹介されていて、なによりも読みやすいです。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-PAK85_singadoll20140531-thumb-1000xauto-17287 (1)

まとめ

収入が多いからと言って、手元にお金がきちんと残っていくとは限りません。
あと3万円でも収入が多ければと楽になると思ったりしても、実際に収入が増えてもお金は足りなくなっていたりします。

お金を上手に残していくための工夫や考え方が必要です。

お金の教養、私もしっかりと高めていきたいです。

それではー。

ads by google

こちらもおすすめ!

crazymom-toppage

ネットショップ「Crazy Mom」の特設ページを作りました!

出産祝いにおすすめ!ベビーベスト。

当ブログ限定!オリジナルTシャツはいかが?


 - 投資・資産運用, 読書, 金融リテラシー