かめの歩みも千里

インデックス投信、優待株投資からコンビニ情報まで、気の赴くままに更新しているノンジャンルのブログです。更新時期は毎週末に集中的に更新中。

SBI資産設計オープン(資産成長型)と世界経済インデックスファンドに計6万円投資しました。

      2015/08/09


バランス型投資信託であるSBI資産設計オープン(資産成長型)世界経済インデックスファンドに3万円ずつ、計6万円投資をしました。

月々の積立投資も設定し、コツコツと積み増していくつもりです(金額は少額です)。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-08-YUKI_kodomookane15144623-thumb-1000xauto-18876

この2本のファンドは世界中に分散投資をするという考え方の投資信託です。
積立投資は世界分散投資で始めたいという希望があったので、それぞれ特色の違うこの2本に決めました。

SBI資産設計オープン(資産成長型)を選んだ理由

SBI資産設計オープンは6資産にバランス良く投資をすることを目指したファンドです。
国内株式、海外株式、国内債券、海外債権、国内REIT(不動産)、海外REIT(不動産)の6つの資産に分散投資をすることが出来ます。

ファミリーファンド方式で運用。主に、国内株式20%、外国株式20%、国内債券20%、外国債券20%、国内REIT10%、外国REIT10%の割合で投資を行う。6資産にバランスよく分散投資し、中長期的に安定した収益獲得を目指す。信託報酬1%未満、申込み時の手数料ゼロと魅力的な低コストファンド。原則として、為替ヘッジは行わない。11月決算。
投資信託のモーニングスターHPより引用

勝間和代著『お金は銀行に預けるな』(光文社新書)でも紹介されていますが資産4分割法という考え方があります。
資産を国内・海外の半分に分け、それぞれを更に株と債券の半分ずつに分けて分散投資をするという考え方です。

SBI資産設計オープン(資産成長型)はそれに加えて、不動産であるREITを組み込んでいます。

不動産投資に興味があるので、少し面白いかなと思いこれに決めました。

世界経済インデックスファンドを選んだ理由

世界経済インデックスファンドは株と債券に半分ずつ分散をしています。そしてそれぞれ国内、先進国、新興国に分散しています。
世界経済の成長を享受することを目指したファンドです。

ファミリーファンド方式で運用。主要投資対象は、国内、先進国および新興国の公社債および株式(DR(預託証券)を含む)。基本資産配分比率は、株式50%、債券50%とする。基本組入比率は、地域別のGDP(国内総生産)総額の比率を参考に決定し、原則として年1回見直しを行う場合がある。原則として、為替ヘッジは行わない。1月決算。
投資信託のモーニングスターHPより引用

インデックスファンドへの投資は経済の成長に期待をする投資です。
経済の成長を最も見込めるのは新興国だと考えました。

SBI資産設計オープン(資産成長型)では、新興国に対する投資が組み込まれていません。

そのため、世界経済インデックスファンドを買うことでその点をカバーすることにしました。

この2本を主軸にコツコツとやっていきたいと思います。

はじまりはこの1冊から

投資信託に投資をするきっかけは6月に読んだ『全面改訂 ほったらかし投資術』(朝日新書)でインデックスファンドに興味を持ったからです。

かめの歩みも千里|サラリーマンにもおすすめ。インデックス投資信託ならほったらかしでも大丈夫。

少し単純かもしれませんが『ほったらかし投資術』を読んで、投資をするならインデックスファンドを基本線にしようと決めました。

それぐらい納得の出来るいい本です(コンパクトですし)。

投資信託の選び方

インデックスファンドを買おうと決めたものの、たくさんのインデックスファンドからどの投資信託選べばいいのかとても悩みました。

もう少し知識を増やそうと考え、数冊ですがインデックスファンドに関する本を読みました。

Sponsored Link

ads by google

勝間和代さんの著書です。
金融に対する考え方が分かりやすく書かれています。

金融や投資全般に対する基礎的な知識・考え方を押さえることが出来ます。

ブロガーの方には是非読んでもらいたい。
ブログで副収入を稼ぎ、インデックスファンドに投資をして無理なく資産を増やしていくという考え方は、ブロガーにはとてもワクワクする話だと思います。

どういう投資信託に選べばいいのか、その考え方が分かりやすく解説されています。
ビジュアルの資料が多く使われており、とってもイメージしやすいです。

セゾン投信社長である中野晴啓さんの著書です。

なぜ投資信託による長期積立投資がいいのかについて、分かりやすく解説されています。

長期積立投資という考えのもと、買ってもいいと言えるファンドを9本にまとめてくれています。

信じるか信じないかは個人の判断によりますが、私はここで紹介されている9本の内の2本であるSBI資産設計オープン(資産成長型)と世界経済インデックスファンドで長期積立投資を始めることにしました。

本当はセゾン投信1本でもいいと思いましたが、NISA口座で投資をしたかったのでNISA口座を開設したSBI証券で購入できる上記2ファンドにしました。

おわりに

長期積立投資は20年、30年と続けていく投資です。
これからいろいろなことが起こるとは思いますが、コツコツと買い増していければと思います。

それではー。

※投資はリスクが伴いますので、個人の判断でお願いします。

ads by google

こちらもおすすめ!

crazymom-toppage

ネットショップ「Crazy Mom」の特設ページを作りました!

出産祝いにおすすめ!ベビーベスト。

当ブログ限定!オリジナルTシャツはいかが?


 - 投資・資産運用, 投資信託・積立投資 , , ,