かめの歩みも千里

インデックス投信、優待株投資からコンビニ情報まで、気の赴くままに更新しているノンジャンルのブログです。更新時期は毎週末に集中的に更新中。

【広島市】ひろしま美術館ースュザンヌ・ヴァラドン生誕150年 ユトリロとヴァラドン―母と子の物語

   


ひろしま美術館に行ってきました。

IMG_3617

2015年7月11日(土)~2015年8月30日(日)の日程で、スュザンヌ・ヴァラドン生誕150年ユトリロとヴァラドン―母と子の物語の特別展が開催されています。

ユトリロとヴァラドン展 - 特別展 - [ひろしま美術館]

特別展内容はひろしま美術館HPのこちらがわかりやすいので紹介します。

本展は、ルノワールやロートレックのモデルを務め、ドガも認めるデッサン力を持った画家でもあったスュザンヌ・ヴァラドンと、その母への複雑な思いから絵を描きはじめることになったモーリス・ユトリロの親子二人展です。芸術の道を選んだ親子は、いずれもパリの北に位置するモンマルトルで画家として開花しました。そんなモンマルトルの哀愁漂う街並みを描き続けたユトリロの作品、その源泉ともいえる、母であり力強い線描と色彩をあやつる画家でもあったヴァラドンの作品、合わせて約80点を紹介します。複雑な愛憎が入り組んだ親子関係という背景とともに、天才といわれたユトリロの芸術の源泉をさぐる展覧会です。

IMG_3634

IMG_3619

ひろしま美術館は、TripAdovisor.incより2015年エクセレンス認証(Certificate of Excellence )を受賞しています。

IMG_3622

まずは常設展を鑑賞しました。

Sponsored Link

ads by google

IMG_3631

ユトリロとヴァラドン

ユトリロとヴァラドンの二人の人生、そして作品を時系列に展示することによって、それぞれの人生における出来事とそれが作風に与えた影響が理解しやすくなっていました。

哀愁のモンマルトル、個性的な二人の画家が繰り広げた人生の狂想曲

本展では、ユトリロの「白の時代」「色彩の時代」の風景画をはじめ、ヴァラドンの作品において特筆される裸婦、愛息子のユトリロを描いたデッサンや肖像画などをご紹介します。また、ヴァラドンの肖像画にはユトリロ作品を扱っていた画商のポール・ペトリデスや、ユトリロの妻リュシ―・ユトリロ・ヴァロールといった、親子の知人を描いたものもあります。ユトリロの描いた、モンマルトルの「サクレ=クール寺院」や、画家たちの集ったキャバレー「ラパン・アジル」とともに、ヴァラドンとユトリロの親子物語が繰り広げられた、19世紀末から20世紀初頭のモンマルトルを想像しながら、鑑賞してみてはいかがでしょうか。

ひろしま美術館HPより引用。

IMG_3623

IMG_3628

より理解を深めるための講演会も定期的に予定されています(全4回)。
IMG_3630

IMG_3632

まとめ

母の愛を十分に受けることができず、酒におぼれたユトリロ。
そのユトリロがアルコール中毒の治療のために書き始めた絵画。

同じく画家である母の興味を引こうと筆を持ち続けたユトリロの人生の軌跡と作風を追う作業は想像以上に楽しかったです。

ユトリロの晩年の色使いがとてもきれいで好きでした。
ユトリロは絵具の画家と呼ばれるほど、絵具の色の出し方にこだわった画家です。

奔放な母に振り回された人生でしたが、晩年は穏やかに暮らしていたのがせめてもの救いです。

フランス・モンマルトルの景色を絵画を通して鑑賞してはいかがでしょうか。

それではー。

ads by google

こちらもおすすめ!

crazymom-toppage

ネットショップ「Crazy Mom」の特設ページを作りました!

出産祝いにおすすめ!ベビーベスト。

当ブログ限定!オリジナルTシャツはいかが?


 - 芸術 , ,