かめの歩みも千里

インデックス投信、優待株投資からコンビニ情報まで、気の赴くままに更新しているノンジャンルのブログです。更新時期は毎週末に集中的に更新中。

新車を買ったら自動車保険を検討しよう。自動車保険の基礎知識と考え方を解説します。

   


新車でマツダのアクセラスポーツを購入しました。新車を買った際に気になるのが自動車保険。
自動車保険ってなんとなく入った方がよさそうですけど、高いですよねー。

今回、あれやこれやと話を聞きに行ったり、調べたりしていろいろと勉強になったので記事としてまとめておこうと思います。

自動車保険の基礎の基礎

まず、自動車保険って何!?
私はここから入りました。車の保険っていっても何を保証してくれるの?事故とか?みたいな。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-08-0I9A350615032140wakaranai-thumb-1000xauto-18998

細かい内容は保険会社や保険代理店でパンフレットを確認するのが一番なんですけど、私のような初心者が押さえておくべき知識としては自動車保険には「一般型」と「エコノミー型」の2種類があるということを知っておくといいです。

まず新車の場合、おすすめしたいのが「一般型」。私も「一般型」にしました。
ざっくり説明すると「一般型」はフルパッケージで、どんな事故でも保険が適用されるイメージ。

エコノミー型との大きな違いとしては、単独事故や当て逃げにも保険が適用される点です。

これに対して保険が適用される範囲が限定的なのが「エコノミー型」。
エコノミー型では単独事故や当て逃げは保険適用できませんが、車対車の事故はしっかりとカバーできます。

こちらのソニー損保のサイトで4コマ漫画で説明してくれているのが分かりやすい。
車両保険の「一般型」と「エコノミー型」の違いは | 自動車保険のよくある質問 | ソニー損保

あとは保険会社によって細かく補償内容が異なります。基礎の基礎として一般型とエコノミー型があることを押さえておくといいと思います。エコノミー型の方が保険適用範囲が限定されるため、保険料は安くなります。

保険料は出来るだけ安く抑えたい!その時に知っておくべきポイント

保険料を安く設定したいなら、まず会社の団体割引がないかどうかを調べてみましょう。
私の場合は会社の団体割引が使えたため、安く自動車保険を利用することが出来ました(それでも等級が低いので高め)。

ディーラーが自動車保険をおすすめしてきますが、それを鵜呑みにして契約するのはやめましょう。やはりきちんと相見積もりをとった方が無難です。その上でディーラーの保険がいいならそれはそれで個人の判断ですけどね。

自動車保険も安いところはあります。私が見積もりを取った中ではソニー損保はワリと安いイメージでした。
もっと安いところがあるかもしれないので、特にネット系損保でさがしてみることをおすすめします。

そうそう、等級というのがありこれで保険料は決まります。

どうしても最初は下の等級からスタートするので、それは仕方ないですが1年無事故なら等級が上がる仕組みなのでそれだけは知っておくといいと思います。上限は20等級が定番のようです。

私の場合は6等級からスタートしました。

あと、細かい点ですが事故など保険適用の際に自己負担額を設定すると保険料は少し安くなります。
自己負担額を0に設定すると保険料は高くなります。逆に自己負担額を5万or10万と設定すると保険料は安くできます。

私の場合は1年の内、1回目は5万、2回目は10万と設定しました。
5万くらいなら仕方ないと思いますし、少しでも保険料が安くなるならと思いそうしました。

保険全般に言えることですが年払いにすると安くなります。
保険料を年払いにすることで、私が契約した保険会社では5%オフになりました。

どうせ払うものなので少しでも安くなる方が嬉しいです。



Sponsored Link

ads by google

自動車保険の考え方

自動車保険の考え方としては参考になったのが、事故が起きた際に新しいクルマ(新車or中古車)を買うだけの余裕があるかで考えると分かりやすいです。

もし新車が事故などで廃車になったとき、自己資金で新しいクルマの取得費用とローンの残額を賄うほどの経済的余裕があるかどうかで自動車保険を利用するかどうかが決まってくると考えます。

私の場合はクルマは残価型クレジットというサービスを利用して購入しました。
3年or5年後のクルマの価値をあらかじめディーラー側で設定をしており、その残価を差し引いた金額を頭金+ローンで支払っていくというサービスです。
残価は新車に乗り換えるなら支払う必要はありません。新車に乗り換えない場合は残額を再ローンor一括で支払います。

例えば車の価格が250万円だとします。5年後の残価が80万円だとすると、250万円-80万円を差し引いた金額170万円を頭金+ローンで支払っていきます。このサービスのメリットはローンの支払いが軽くなるので月々の負担を低くできます。

逆に5年後にキャッシュでまとまったお金を支払う必要があるため、今から準備をしていく予定です。

こういう取得方法の為、クルマがダメになったらダメージが大きいです。泣

そのため年10数万円という少なくない金額を支払うことでリスクをヘッジすることを選択しました。残価型クレジットではなく通常のローンの場合も状況は同じだと思います。現金で一括で買える方というのは少数派でしょうから、そういう方以外は自動車保険を設定するメリットがあるということになります。

自動車保険は段階的に見直して費用負担をコントロールする

これが一番大事。新車で事故をすることがローン残額も多く、一番ダメージが大きい。
そのため一般型でしっかりとクルマを守るのはメリットがあります。

逆に3年以降はクルマの価値もどんどん下がってきていますし、ローン残額も減ってきているのでそこまでガチガチの保険じゃなくてもいいとも考えられますよね。

そう考えると4年目は一般型⇒エコノミー型に変更をして保険料を安くするなど保険料見直しの対応をすることが重要になってきます。
もちろん等級は年々上がっていく(車両に対する保険額も下がっていく)ので自然と保険料は下がってきますが、それ以上に保険内容を見直すことで更に安く抑えることが出来ます。

私も新車のうちは当て逃げリスクが恐いので一般型で契約をしていますが、いずれはエコノミー型に変更をしようと思います。

段階的に見直していく予定です。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-08-0I9A351215032114onepoint-thumb-1000xauto-18993

自動車保険の話を聞きに行く際の注意点

自動車保険の見積もりをしてもらう場合、自動車の車両情報(型番)が必要になります。
クルマの見積書に型番が載っているので、保険会社や保険代理店に行く際は忘れずにメモしていきましょう。

それがないと、担当者によっては露骨に嫌な顔をされて不快です。
まーそういうところでは契約しねーぞというのも大いにアリですが、不快ですからね。避けた方が無難。

まとめ

自動車保険はいろいろあって、選ぶのが大変です。
月々の保険料は安く、補償内容は必要十分であればいいです。この補償内容が必要十分がムズカシイのですが、新車の場合は買い替えの費用をしっかりとカバーできる保険内容が必須条件(預貯金で新車費用を補えるなら大丈夫)だと考えます。

プラスであるといいなと思ったのは弁護士特約(自分に過失のない事故の際に弁護士が利用できる)やレッカー費用負担特約です。
そこまでの費用増ではないので特約で付けられる場合はつけたほうがより安心です。

特に弁護士特約は本当に付けたほうがいいです。
保険に加入していて過失がある場合は、保険会社が自分の代わりに交渉してくれますが、保険に加入していて自分に過失がない場合は自分自身で保険会社の人と交渉に臨まないといけないので、圧倒的に不利です。その時に弁護士に依頼できる特約です。

参考になると嬉しいです。

※自己判断でお願いしますね!

ほいなら!
kimokawa-gutaran

ads by google

こちらもおすすめ!

crazymom-toppage

ネットショップ「Crazy Mom」の特設ページを作りました!

出産祝いにおすすめ!ベビーベスト。

当ブログ限定!オリジナルTシャツはいかが?


 - 自動車