かめの歩みも千里

インデックス投信、優待株投資からコンビニ情報まで、気の赴くままに更新しているノンジャンルのブログです。更新時期は毎週末に集中的に更新中。

北海道物産フェアで見つけたジビエ缶詰シリーズ。トドとクマを食べ比べてみた。

      2016/07/22


最近、ジビエ料理という言葉をよく聞くようになりましたね。

都内にはジビエ料理専門店もあり、以前東京で勤めていたときに話題になりました。

ジビエとは狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉を意味する言葉(実はフランス語)で、ヨーロッパの貴族の伝統料理として古くから発展してきた文化です。

私自身は、地元いたときには鹿と猪の肉はそれこそ狩猟でとられた肉を分けてもらって食べたことがあります。

北海道物産フェアで変わった缶詰のフェアがされていると聞きました。
なんでも缶詰にしたらいいってもんじゃないと話題になっていましたが、私は興味津々。

自分が食べたことがない動物が缶詰で食べられると知り早速買ってみました。

食べたことのない缶詰でいうと、トド、アザラシ、クマが選択肢にありました。
ただし、値段も500円近く(結構いい値段)したので3つ買うのはさすがに高い。

考えに考えて選んだのがこちらの2つ。トドとクマです。
IMG_2105

クマは是非食べてみたいと決めていたので、トドとアザラシのどちらを選ぶかで迷いました。
アザラシは中学時代の社会の教科書でエスキモーの方がアザラシを食べている写真を見たときから興味がありました。

が、トドとアザラシどっちが食べてみたいかと考えたときに、やっぱり大きい方がいいだろうとトドに決定しました。

これは難しい選択だった。

ちなみに缶詰にトドとクマと書かれていて、とってもシュールな仕上がりです。
IMG_2106

ふたを開けてみるとこんな感じ。なんか見た目はとっても普通です。
IMG_2107

トドの大和煮

こちらがトド(大和煮)。
IMG_2109

大和煮とは獣肉の調理方法です。
砂糖・醤油、ショウガなどの香辛料で濃く味付けする調理法で、味付けが濃く素材の味を消してしまいます

Sponsored Link

ads by google

そうです。素材の味を消してしまうほど、濃く味付けするのでそもそもトドの肉を食べてみたいという欲求は満たされますが、味を知りたいという欲求は満たされません。普通に味噌味だったからね。

熊肉大和煮

こちらがクマ(大和煮)。
IMG_2110

こちらも大和煮なので、味はしっかりと味噌味

クマの味は分からずじまいです。くー。

それでも味に違いはある

IMG_5225 (1)

食べ比べてみると基本的には濃い味噌味なんですが、違いはあります。

私の感想としては、クマは肉って感じのしっかりした味でクセが全くない。トドはクセが強くて、イルカに近い味(多分、イルカを食べたことがない方がほどんどだろうけども)。

私はクマの方が好きでしたねー。うちの奥さんはトド派でした。

まとめ

普段、食べることがないトドとクマを食べてみました。
大和煮の意味を知らなかったのもありますが、いったいどんな味がするんだろうととてもワクワクしました。

そういえば、最近行ったロシアではウサギの肉を初めて食べましたし、私の中でジビエブームが来ています。
ロシア極東の街、ウラジオストクに行ってきました。成田から2時間35分でヨーロッパの街並み。 - かめの歩みも千里

また機会があれば未知のジビエ料理に挑戦したいと思います。

ほいなら!
kimokawa-gutaran

ads by google

こちらもおすすめ!

crazymom-toppage

ネットショップ「Crazy Mom」の特設ページを作りました!

出産祝いにおすすめ!ベビーベスト。

当ブログ限定!オリジナルTシャツはいかが?


 - 肉料理, 食べ歩き