かめの歩みも千里

インデックス投信、優待株投資からコンビニ情報まで、気の赴くままに更新しているノンジャンルのブログです。更新時期は毎週末に集中的に更新中。

「耳をすませば」の近藤喜文展が広島県熊野町「筆の里工房」で開催中(2016年5月28日-8月28日)。

   


スタジオジブリで一番好きな作品は何?と聞かれれば、即答で「耳をすませば」と答えます。
もう何度見たか分かりませんし、いくつになって見ても胸がときめく最高の作品だと思います。

どうも、ジブリ大好きかめごん(@kamegon2011)です。
友人からのタレこみ情報があり、広島で「耳をすませば」の近藤喜文監督の企画展が開催されているという情報を掴みました。

kondo-yoshihumi-event

熊野筆で有名な広島県熊野町の筆の里工房で、2016年5月28日-8月28日までの期間限定で開催中です。

詳細はこちら:筆の里工房「近藤喜文展」

夫婦ともにジブリが大好きなので、早速見に行ってみることにしました。

kimokawa-gutaran

アクセス

公共交通機関で行く場合は、JR広島駅、JR矢野駅、JR呉駅からそれぞれバスに乗る必要があります。

広島バスセンター、JR広島駅から約45分

・熊野萩原行
・熊野営業所行(出来庭には止まりません)

JR矢野駅から約15分

・熊野萩原行
・熊野営業所行(出来庭には止まりません)

JR呉駅から約35分

・熊野営業所行(出来庭には止まりません)

出来庭バス停で下車の場合 :徒歩約20分
熊野営業所で下車の場合 :最寄のタクシーで約7分

****

私の場合は、東広島市西条からクルマで行きました。下道を走り大体1時間ほどで着きます。

筆の里工房

無事、筆の里工房に着きました。日曜日の午後に行きましたが駐車場には余裕がありました。

IMG_5924

かめごん
かわいいので、この前で記念撮影しました。

想像以上に近代的な建物にびっくり。平成6年に開館した建物ですが、まだまだ新しくとてもきれいです。

IMG_5964

入館料は大人1000円、小中高生250円、幼児無料です。
事前に東広島市立中央図書館でゲットした入場優待券で100円引きにしてもらい、大人二人1800円を支払いました。

IMG_5929

かめごん
高校生は250円なので、デートにいいですね。

入館チケットがオシャレ。付箋として使いたい!

IMG_5930

階段を下りて地下1Fのギャラリーに向かいます。

IMG_5957

階段を下りると大きな熊野筆がずどーん。インパクトがあります。

IMG_5931

記念撮影コーナーもあります。一目見ただけでわかりますよね。
「耳をすませば」でムタが電車で移動するシーンが再現されています。テンション上がります。

IMG_5932

かめごん
もちろん記念撮影しました。

近藤喜文展の入り口。中は撮影禁止なので写真はここまで。

IMG_5934

入り口にジブリクイズのクイズシートがありました。かわいいシールを手に入れるためにもちろんチャレンジ!

IMG_5935

実際の原画や絵コンテを見ることが出来ました。
「耳をすませば」の絵コンテを見ると、アニメーション作りとは大変な想像力を要する仕事だなと感じました。

出口には「耳をすませば」で登場する聖蹟桜ヶ丘の景色が。
実際に訪れて歩いたこともあるので、より思い出深い景色に見えました。

IMG_5936

近くで写真を撮ると、本当に目の前に見えているような感じになります。記念撮影に是非。

IMG_5938

Sponsored Link

ads by google

こちらがヒロインの月島雫の住む街。聖蹟桜ヶ丘の散策マップ(京王電鉄京王線聖蹟桜ヶ丘駅)。
実際の街にも同じのがあり、シーンのモチーフとなった場所が散策ルートになっています。

IMG_5939

かめごん
聖蹟桜ヶ丘での聖地巡礼は、最高でした。

せっかくなので、筆の里工房の展示も見学していきました。気になった展示だけ紹介します。

モビール。夏を感じます。

IMG_5940

瓦に百人一首。

IMG_5941

トールペインティングの道具。

IMG_5942

伝統工芸士による熊野筆製作の実演。有料で熊野筆作成体験もあるようです。

IMG_5943

窓から見える景色。あいにくの天気ですが、いい景色ですね。

IMG_5944

デジタルコーナーがあり、webデザインがオシャレで思わずパシャリ。

IMG_5947

IMG_5948

スペースが多くあるので、休憩にもぴったり。

IMG_5949

熊野町案内図。また今度ゆっくりと来て観光したい。

IMG_5950

熊野町の歴史。熊野筆製作は農家の方の副業として始まったそうです。

IMG_5951

筆の里工房の歴史。面白そうな展覧会を仕掛けていますね。次回も楽しみです。

IMG_5952 IMG_5953

ジブリクイズを提出すると筆の里工房のシールか、近藤喜文展のシールのどちらかをもらうことが出来ました。

IMG_5955

もちろん、「耳をすませば」のポスター画の方にしました。

IMG_5956

近藤喜文展さんが関わったジブリ作品の絵はがき。

IMG_5958 IMG_5959

これ欲しいと思ったのが、こちらのポニョで登場するお家と。

IMG_5961

魔女の宅急便のキキの実家。

IMG_5962

『近藤喜文の仕事ー動画で表現できることー』。

IMG_5963

まとめ

「耳をすませば」が好きな方には是非一度訪れてほしいイベントです。
近藤喜文監督についてこれまで知ることがなかったので一ファンとして、とてもいい勉強になりました。

高校生は入館料が250円なので、デートにもおすすめ。
甘酸っぱい「耳をすませば」の世代であることが羨ましい!

今回は生後6ヶ月の娘と一緒に行きましたが、楽しく見て回ることが出来ました(途中で泣いちゃったけど)。
ほかのお客さんも赤ちゃん連れの方が多くいたので、気兼ねなく参加できると思いますー。

現場からは以上です。

ほいなら!

kimokawa-gutaran

ads by google

こちらもおすすめ!

crazymom-toppage

ネットショップ「Crazy Mom」の特設ページを作りました!

出産祝いにおすすめ!ベビーベスト。

当ブログ限定!オリジナルTシャツはいかが?


 - 広島県, 映画, 芸術 , ,