かめの歩みも千里

インデックス投信、優待株投資からコンビニ情報まで、気の赴くままに更新しているノンジャンルのブログです。更新時期は毎週末に集中的に更新中。

児童手当は国債でコツコツ運用。子供の為の大事なお金だからこそ安全に運用していきたい。

      2016/07/22


子供が生まれると児童手当をもらうことができます。この児童手当をどう役立てるのかを今回は考えてみました。

子供がいる世帯では、3歳までの間は月1万5000円、3歳から小学校卒業までは1万円(第三子の場合は1万5000円)、中学校卒業までは1万円をいただくことがあります。※年収による制限あり(2016年時点では960万円以上が対象)。

わが家の場合は児童手当は生活費などには使わず、子供の高校卒業後の学費のために貯めていこうと話し合いました。

わが家の目標は300万円、児童手当だけではどうしても足りない。

児童手当を使わずに貯めると約200万円になります。

0歳から3歳まで:1万5000円×36カ月=54万円
3歳から15歳まで:1万円×122カ月=144万円
合計:198万円

わが家の学費貯金の目標は1人300万円。児童手当を全額貯めても198万円ですので、102万円ほど足りません

足りない102万円を補っていくために運用をする必要があります。こういう時に定番なのが学資保険
児童手当を学資保険で運用するか自分自身で運用するかを考えた結果、自分自身で運用した方がいいんじゃないかと考えました。

参考記事:投資信託のシミュレーションをやってみた。学資保険よりも自分で投資信託で投資する方がいいじゃないの。

ただ、やはり子供のための大切なお金。
期待リターンが高い金融商品で運用するのはいいですが、リスクを取ることに不安もあります。
自分たちのお金なら若いからリスクを取ってリターンを狙えばいいかと思えますが、子供のためのお金なので大事に運用していきたい。

マイナス金利だけど、国債で安全に運用していく。

あれやこれやと数カ月、迷っていましたが国債で安全に運用していくことにしました。

こちらの記事を読んだときに、とても共感をしました。やはり大事なお金だからこそ大事に運用していきたい。

参考記事:ももねいろ|子供の教育費の貯め方は「個人向け国債」でコツコツ貯金。将来の学費貧乏は親の心がけ次第で変わる

2016年1月からマイナス金利の導入が決定されました。銀行の金利は超低金利水準になっています。
国債の金利も下がってしまっている状況です。ただし、国債の場合は最低保証金利として0.05%は保証されています。

ただそれでも銀行の定期預金よりはマシです。
私が住んでいる広島県の地銀である広島銀行の場合は、定期預金の金利は0.025%です。
国債の金利は0.05%なので2倍ですね。

※ただし銀行はボーナス時期などに定期預金キャンペーンを実施しており、銀行とタイミングによっては国債よりもよい金利の場合があります。

Sponsored Link

ads by google

良い金利の定期預金を追い求めていってもいいのかもしれませんが、管理が大変です。
子供のための大事なお金でもありますし、出来れば一カ所に集中管理しておきたい。

そこでわが家の場合は、国債でコツコツ積み立てていくことにしました。

今月6月にネットバンクに振り込まれた児童手当と前回分を合わせて計7万円分の国債を購入しました。
国債は1万円以上、1万円単位で購入することが出来ます。

国債は金額によってキャッシュバックがある。

まとまったお金のある方にとっては、国債のメリットは大きくなります。それはキャッシュバック制度があるからです。

例えば50万円以上、100万円未満の国債を購入した場合は、初回購入時に1000円のキャッシュバックがあります。

100万円以上、200万円未満の国債を購入した場合は、2000円のキャッシュバック。

50万円で1000円のキャッシュバックをもらうと、なんと+0.2%!とーってもすごいことだと思います。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-08-YUKI_kodomookane15144623-thumb-1000xauto-18876

国債の金利は3種類

現在の国債は10年、5年、3年の3種類から選ぶことが出来ます。超低金利時代なので、全て最低保証金利の0.05%ですが、10年のみ変動金利で半年に1回金利が見直されます。

5年と3年は固定金利です。

わが家の場合は10年変動でもいいかなと考えましたが、まずはお金に短い期間の旅をさせてようと3年固定にしました。
実は10年のみ変動金利ということに気付かなかったのです。笑

次回は10年変動金利にすると思います。

まとめ

大事なわが子の教育資金。安全に運用したいと国債のコツコツ積み立てを開始しました。

始めるならもっと金利の良かった時代に自分用でも始めておけばよかったと思ったりもしますが、リテラシーがなかったので仕方ありません。知っていると知らないとでは、その時は小さな差でも、年数を経ることで大きな差となって積みあがってきます。

今回の選択肢が最良の選択肢かどうかはわかりませんが、自分自身で考えた結果、選んだ投資方法なので悔いはありません。

何しろ安全なので、わが家の児童手当の運用方針にはとてもマッチしています。

コツコツと増やしていきたいと思います。

ほいなら!

kimokawa-gutaran

ads by google

こちらもおすすめ!

crazymom-toppage

ネットショップ「Crazy Mom」の特設ページを作りました!

出産祝いにおすすめ!ベビーベスト。

当ブログ限定!オリジナルTシャツはいかが?


 - 債券, 投資・資産運用 ,