かめの歩みも千里

インデックス投信、優待株投資からコンビニ情報まで、気の赴くままに更新しているノンジャンルのブログです。更新時期は毎週末に集中的に更新中。

大型特殊自動車免許の実技教習1日目。ホイールローダーの運転は想像以上にハードだ。

      2016/09/28


大型特殊自動車免許を取得するために、11年ぶりに自動車学校に通っています。

奥さんの普通自動車免許教習の付き添いで何度か自動車学校に通っていましたが、自分が生徒として通うのは久しぶりです。生徒としての自動車学校はちょっと緊張しました。

大型特殊自動車免許の実技教習1日目に参加してきたので、その体験記をお届けします。

運転した車はホイールローダー

大型特殊自動車免許で運転できるクルマはいわゆる「働くクルマ」。ホイールローダーやショベルローダーなどの建築系や、フォークリフトなどの物流系、トラクター、コンバインなどの農業系、雪国では欠かせない除雪車などがあります。

仕事で働くクルマを運転する機会のある方以外は、一生運転することもないクルマたちです。

私の仕事はオフィスワークなので、仕事では運転する機会はありません。
なので今回、教習で運転するのが楽しみでした。

そういう意味でとても期待していた教習1日目。運転したクルマはホイールローダー。

運転してみると乗用車とは全く違う乗り心地にびっくりしました。サスペンションがないのでめちゃくちゃ揺れます。

揺れ過ぎて1時間目の教習が終わったときにはぐったりしました。
更に2時間目の教習が終わったときには頭痛がしました。笑

働くクルマで作業されている方は、見た目以上にハードです。乗ってみないと分からないことってあります。

教習1時間目

気になる教習の内容ですが、1時間目はとっぱちから運転をしました。習うより慣れろ。

最初にクルマの回りの点検。バケットの操作方法。上げたり、下げたり、ひっくり返したり、引き寄せたり。
運転の最初と最後でバケットを操作する必要があるので、意外に重要です。というか慣れない操作なので少し手順に戸惑います。

次に運転の方法。エンジン、ハンドル、アクセル、ブレーキ、ギヤの確認などをしました。

一通りの操作の確認をしたらさっそく運転です。
クルマの免許は持っているので運転自体は慣れていますが、乗用車とはまったく違う乗り心地に緊張しつつ運転しました。

外周を回ったり、右折、左折、S字や、クランクなどを走行しました。
S字やクランクは実際の卒検には必要ありません。

ホイールローダーの場合、乗用車と違い内輪差が存在しません。前輪が通ったところを同じように後輪が通ります。
なのでS字やクランクも楽勝です。

一方、指示器は乗用車と違いハンドルを切れば自動的に切れるわけではなく、自分で切る必要があります。なので指示器がだしっぱなしにならないように注意が必要です。

また、曲がったときにハンドルを戻すタイミングも乗用車と違います。この辺は実際に運転をして感覚を掴んでいく作業ですが、なんども練習をすることで次第になんとなくわかってきました。なんとなくね。

Sponsored Link

ads by google

曲がったときにハンドルを戻すというのがバックの車庫入れ時にも影響します。乗用車と同じタイミングでハンドルを戻すと前のバケットが残ってしまい、不十分。お尻を余分に振って、前のバケットをまっすぐにするというワンアクションが必要です。

これがなかなか分からずに、四苦八苦しました。

1時間目は乗用車との違いを理解するといった感じだったのかなと思います。

2時間目

2時間目は実際に教習コースを意識しての走行練習です。
教習コースを走るために、スタート時のバケット操作、発進、外周、方向転換、踏切、バックの車庫入れ、ゴール地点での幅寄せ、ゴール時のバケット操作という流れを通しで練習しました。

踏切時は、まどを開けて、300m前方を確認するという作業が必要になります。忘れそう。。

細かな相違点がいくつかあって、おもしろくもあり、難しくもあります。
慣れれば簡単な気はしますが、なんだかとても頭を使いました。

バックの車庫入れはだんだんと慣れてはきました。試験的にはまっすぐにする必要はないとのことなので安心しました。
お尻が入りさえすればいいというのは気が楽です。

なお、試験では直進コースで20kmを出す必要があります(というか20kmが限界)。
これがかなりベタ踏みしないと出ない速度で、20km出すと車体がめちゃくちゃ揺れます。

ガタン、ゴトン、ガタン

といった感じで、激しい揺れ。
教習の指導教官も激しい揺れに備えてアシストグリップ(クルマの上についている取っ手のようなもの)を握りしめています。

教習が終わり愛車のアクセラに乗って走り出した瞬間に感動しました。なんて静かな動き出しなんだと。

こういうのも実際に体験しないと気付きません。改めて愛車の良さ実感しました。

まとめ

大型特殊自動車免許の実技教習は全6コマ。今回は2コマの教習を無事終えましたので、あと4コマです。
前半3コマを第1段階、後半3コマを第2段階となっています。

次の教習で第1段階を無事修了できれば、第2段階に進めるはずです。1週間も間が空いてしまうので、その間にイメージトレーニングをして手順を思い出さないと。

1日2コマで卒検も入れると4日間で取れてしまう免許なので、連休を利用した短期取得も可能です。
私の場合は教習を週1ペースなので、3週間掛かります。なのでその間に忘れないようにしないと。

まとまった期間で一気に取った方がいいのかなとも思いました。とりあえず頑張ります。

現場からは以上です。

ほいなら!

kimokawa-gutaran

おまけ

まずは普通免許からという方はこちらのサイトがおすすめ。合宿免許なら短期間で取得できます。

参考:車・バイクの免許取るなら【合宿免許受付センター】

ads by google

こちらもおすすめ!

crazymom-toppage

ネットショップ「Crazy Mom」の特設ページを作りました!

出産祝いにおすすめ!ベビーベスト。

当ブログ限定!オリジナルTシャツはいかが?


 - 大型特殊自動車免許, 資格・検定, 運転免許・技能系資格