かめの歩みも千里

インデックス投信、優待株投資からコンビニ情報まで、気の赴くままに更新しているノンジャンルのブログです。更新時期は毎週末に集中的に更新中。

大型特殊自動車免許の実技教習2日目。ホイールローダーの運転にも慣れてきたぞ。

      2016/07/22


大型特殊自動車免許教習1回目から1週間、2回目の教習に行ってきました。1回目の時は教習者であるホイールローダーの激しい揺れに体調が悪くなり、更に慣れない運転にくたくたでした。

参考:大型特殊自動車免許の実技教習1日目。ホイールローダーの運転は想像以上にハードだ。

ホイールローダー。実際の教習車とは違います。
wheelloader
画像元:http://www.komatsu-rental.co.jp/rental/lineup/wheelloader/

2回目の教習はやや憂鬱でした(前回の体調不良を危惧して)。
右ポケットには頭痛薬をしのばせて、体調が悪くなった時に備えました。事前にコースを覚える必要があったので、数回コースをイメージトレーニングしてのぞんだ2回目の教習です。

第1段階は無事修了

実技教習3回目は第1段階の見きわめです。
第1段階は基本操作・走行がテーマなので、それがきちんとできているかが教官によって見きわめされます。

大型特殊自動車免許教習の練習コースは2コースあり、第1段階では第1練習コースを、第2段階では第2練習コースを、そして卒業検定では第1と第2のハイブリットコースを走ります。

第1練習コースも1日目の実技教習で何度も走ったので、だんだんとコースを覚えてきました。イメージトレーニングもしてきたしね。

前回指導されなかった、キープレフトや指示器を出すタイミングなどを最初に指導され、教習中に改善していきました。

キープレフトや指示器を出すタイミングは普通車の免許を取得した際には覚えたことなんでしょうけど、すっかり忘れていました。指示器を出すタイミングって何秒前でした?って聞かれた時、一瞬焦りましたね。
3秒前と答えたところ、正解だったのでひと安心。

指示器って交差点の手前30m前くらいだっけ?と思いつつ教習していたので、知識が整理されて良かったです。

前回苦労したバックの車庫入れも、だいぶ慣れました。車体のお尻をきゅっと余分に振るのがポイントですね。

Sponsored Link

ads by google

第1段階の見きわめは何の問題もなく通過しました。

第2段階はやや複雑なコース

続いての実技教習4回目はいよいよ第2段階です。普通自動車免許の時の第1段階→第2段階ってすごく達成感がある瞬間だったけど、大型特殊自動車免許の場合はすーっと流れていくのであまり実感がない。練習コースが変わりますくらいの感覚。

仮免許とかもないしね。

さて、第2練習コースを始めるにあたり教官がお手本を見せてくれました。前回はなかったぞ、こういうのと思いつつ初めてホイールローダーの手本の走りを覚えることが出来ました(その分練習時間が減るので良し悪しか)。

第2練習コースは、方向転換が多く、右に左にぐるぐるする感じのコース。

指示器を出すタイミングと、どこまで簡略化していいのかを押さえると、逆に簡単なコースでした。
普段運転しているので、走行には慣れているからね。

4回目ともなると、ホイールローダーの運転自体にもだいぶ慣れてきました。

不思議なことに前回あんなに体調不良になった揺れに対しても、何も感じなくなっていました。
体調もばっちぐーです。

kimokawa-gutaran

自分でも大分上手になったなと実感をして、教習を終えました。

まとめ

大体教習3-4回目くらいで、皆さん慣れてくるそうです。確かに私も大分慣れてきました。
コースは覚えてしまった方が運転に集中できるので、必ず覚えてから教習にのぞんだ方がいいと思います。コースを考えながら運転もとなると、ちょっと疲れます。

次回はいよいよ最終仕上げである実技教習3日目。そして卒業検定が控えています。

大型特殊自動車免許取得に向けて、もうひと頑張りです。

現場からは以上です。

ほいなら!
kimokawa-gutaran

おまけ

普通自動車免許、普通自動2輪免許を取るなら合宿免許が費用的にはお得だよ。
参考:車・バイクの免許取るなら【合宿免許受付センター】

ads by google

こちらもおすすめ!

crazymom-toppage

ネットショップ「Crazy Mom」の特設ページを作りました!

出産祝いにおすすめ!ベビーベスト。

当ブログ限定!オリジナルTシャツはいかが?


 - 大型特殊自動車免許, 資格・検定, 運転免許・技能系資格