もうすぐ土用の丑の日。鰻屋さんのうな重は高いので、吉野家のリーズナブルな鰻重一枚盛りを食べてきました。

Sponsored Link

もうすぐ土用の丑の日です。
ちなみに2015年の土用の丑の日は7月24日(金)と8月5日(水)です。

私が住んでいる浦和は、うなぎが有名です。
この時期になると「うな重」を食べたくなりますが、安くても2000円から3000円ぐらいするので、なかなか手が出ません。

浦和のうなぎ/さいたま観光国際協会

食べログ|埼玉|浦和周辺 うなぎランキングTOP22

そこで今年は低予算でうな重が食べられる吉野家のうな重を食べてみることにしました。

吉野家の鰻重は、3種類あります。
一番鰻が多い鰻重三枚盛りだと1650円するので、そこまで出すと鰻屋さんで食べたほうがいい気がしてきます。

一番安い鰻重一枚盛りは750円で、お手頃な価格です。

それでもそこそこの値段がしますが、1000円以下で食べられるのがいいですね。

はたしてどんな味がするのでしょうか。

IMG_2536

Sponsored Link

ads by google

鰻重一枚盛り

吉野家の鰻重一枚盛り 750円。

IMG_2534

どんぶりではなく、ちゃんとしたお重に入っていて気分が出ます。

山椒の小袋がついてきたので、振りかけてからいただきます。

鰻の味はさっぱりとした淡白な味がします。
脂が乗っている感じはありませんが、750円なので仕方ありません。

中国大陸産の養殖うなぎを使っているようです。

吉野家の鰻重には、白子(シラス)のころから中国大陸の南部にある池で一貫して育てたうなぎを使っています。
吉野家HPより

(私は大食らいなので)ごはんの量はちょっとモノ足りませんでした。
鰻の量からすると丁度いい感じです。

まとめ

今回は手ごろな価格で食べることが出来る吉野家のうな重を食べてみました。
感動するほどのおいしさはありませんが、鰻を食べたという満足感は味わうことが出来ました。

安くて満足感を味わえたので、良かったのかなとは思いますが、750円であのボリューム(少なかった)なのでうなぎは高いなーとつくづく思いました。

それではー。

Sponsored Link






こちらもおすすめ!当ブログからのスピンアウトブログ。

お金に特化した専門ブログ:戦略的マネーライフ!

ガテン系・技能系の仕事、資格の情報サイト:ガテン系資格を取ろう!