【男めし】豚肉とニンニクで体力回復!和風スタミナパスタを作りました。

Sponsored Link

週末限定の男めし、順調に継続中です。今回は和風スタミナパスタを作りました。

思い返せば学生時代、毎食パスタを食べて生き延びていた時代があります。あの時は四畳半1間のおんぼろな寮に住んでいました。
パスタを作っていると学生時代を思い出します。

あの時と違うのは市販のパスタソースを買っていないこと。
そうです。味付けは自分でやるのです(実は簡単)。

それではいってみよう!

和風スタミナパスタ

まずはパスタを茹でます。この時、ちゃんと塩ゆでしましょう。
IMG_6499

高校生の時にパスタのゆで方を覚えたときに、塩ゆでする必要があることを知ったときの衝撃。
今でも鮮明に覚えています。

ただ塩ゆでする必要があるかどうかは諸説あるようですね。
こちらの記事とかおもしろかった。
パスタに塩の理由!本当の目的はコレだ! | 猫の手も借りたい

パスタが茹で上がったらザルに入れて湯切りしましょう。ゆで時間の目安は7分です。
IMG_6500

次にアスパラガスを斜め切りにします。
IMG_6502

おっいい感じ。
IMG_6503

軽く茹でます。ひと煮立ちさせるくらいで十分です。
IMG_6505

スタミナというからにはこれが必要ですね。そう、ニンニク。
IMG_6504

ニンニクの皮をむき、細かく切ります。
そうしたら油をしいたフライパンで炒めます。なんか料理っぽい。
IMG_6506

しばらくニンニクを炒めた後、茹でたアスパラガスを投入して炒めます。
IMG_6507

Sponsored Link

ads by google

次に豚肉を投入。豚肉は疲労回復に効果的な食材なのです。
IMG_6508

しばらく炒めます。塩コショウを下味を付けます。
IMG_6509

そうしたらパスタをどかっと投入。フライパンに対してパスタの量が多すぎるので炒めるのが大変な感じに。
IMG_6510

麺つゆと醤油を入れて味付けをします。特に麺つゆを入れると和風な感じに仕上がるのでおすすめです。

直接どばどば入れて味が濃くならないように、大さじを使って入れました。
なんか大分進化したな(多分、料理の基本)。

こんな感じかなーと雰囲気で味付けしたら完成です。名付けて和風スタミナパスタ。

味付けはですね、色で判断しましょう。色でね(醤油を入れすぎなければ大丈夫)。
IMG_6511

さっそく食べてみましたが、これがうまい!
麺つゆってパスタに合いますね。ニンニクの風味がよく出てて食欲をそそる味に仕上がってました。

醤油さえ入れすぎなければ、きっとおいしく仕上がりますよ。

まとめ

ナポリタン以外でパスタソースを使わずに初めて作ったパスタです。なんか一歩成長した感じですね。
幸いにも味はおいしくて自分好みの味(ここが重要)。

自分で料理することのメリットは自分の好きな味に作れること。
もちろん奥さんの料理もおいしいですが、自分でどんな味がいいかなと考えて作れるとより楽しいですよね。

今度パスタを作るときはパスタソースを自分で作ってみたいなと思います。

やりたいことが増えますね。

ほいなら!
kimokawa-gutaran

Sponsored Link






こちらもおすすめ!当ブログからのスピンアウトブログ。

お金に特化した専門ブログ:戦略的マネーライフ!

ガテン系・技能系の仕事、資格の情報サイト:ガテン系資格を取ろう!