優待大家さんの初の著書『サラリーマンのままで副業1000万円』は、お金の不安がある全ての人に読んでもらいたい良書だと、声を大にして言いたい。

Sponsored Link

かめごん
どもです。

優待大家こと栗林篤さんが『サラリーマンのままで副業1000万円』という本を出されました。

拙著『サラリーマンのままで副業1000万円』が発売になりました。 – ゆうおお!(=優待大家の今日も勇往邁進!の略)

12月7日に発売されるということは事前にツイッターでキャッチしており、発売してすぐに読みたい、読みたいと思いつつも買えない日々が1週間ほど続きもやもや。やっとチャンスを見つけて書店に行くも地方の小さな書店だったためか見当たらず、そうだAmazonで買えばいいじゃないかと気づき、やっとやっと手に入れることができました。

最近、Amazonの利用が多すぎると問題になってますが、これは仕方なくです。はい。

優待大家さんの考え方がとても好きなのでわくわくしながら読みはじめましたよ。

まずは節約、そしてキャッシュマシーンの建造

まずはじめにタイトルが副業1000万円と刺激的です。地方在住のサラリーマンなので、ちょっと電車内ではやや読みにくい感はありましたが、少しでも早く読みたくて貪り読みしました。買った翌日に読了するレベルでおもしろい。

優待大家さんの仕事とお金に対する考え方がぎゅーっと詰まっていて、普段のブログだと断片的だったものが、整理された形で提供されている。これは普段ブログを読んでいるファンにはたまりません。

もちろんそうではない方にも、是非おすすめ。特に今後働けない状況になっても大丈夫なようにマイセーフティネットを作りたいという方には、染み渡る内容です。

詳しい内容は買って読むのが一番ですが、個人的に良かったと思うことを少しだけ紹介すると、

まずは節約をしてお金を貯める。その貯めたお金に働いてもらって複数の収入を持つ(キャッシュマシーンの建造)。お金に働いてもらう方法として、おすすめなのが株と不動産。ここまでは「お金」について勉強しているとよく耳にする話なのですが、株も不動産もニッチな分野を狙ってプロ級のいない世界で戦うというのがとっても参考になりました。

ニッチで勝負する

優待大家さんはお金に働いてもらうことをキャッシュマシーンを建造するという表現をしています。なんかカッコいいし、いい言葉だなーと思います。まずは自分自身がキャッシュマシーン1号となります。さらに2号、3号を建造するために株式投資の世界と不動産投資の世界で勝負することが求められますが、いずれもプロが存在する世界であり、正面からガチンコ勝負すれば素人に分がありません。

ここで重要なのが「ニッチで勝負する」こと。

プロが手を出してこない分野で戦うことは、弱者である素人にはとても重要な考え方です。優待大家さんの場合は、株式投資では株主優待であり、不動産投資では築古の狭小戸建てと、いずれもニッチなところで勝負されているそうです。

複数分野をかけ合わせる

さら複数掛け合わせた限定的なフィールドを作り出すことで、競争相手を減らし自分自身の強みにすることができます。

株式投資家、不動産投資家、ブロガー、それぞれの領域ですごい人はたくさんいます。私はすべての分野で一流からほど遠く、いってみれば三流です。しかし、そんな三流の私でも、3つをかけ合わせたフィールド限定なら、強者不在とまではいいませんが、ライバルの数は相当減り、鈍く輝く存在になりえます。

勝つ見込みのある勝負にのみ臨むのが勝負の鉄則です。勝負できるフィールドを作り出して勝負するという考え方は、普段から意識して取り組むべきことだと思います。こういっためちゃくちゃ参考になる考え方が多く紹介されています。

自分自身はどうするか

節約はOK

本を読んだときは自分自身はどうするかと考えるのが大事ですね。
まずは節約という部分では、わが家の場合は奥さんが超節約家なので現状のままで大丈夫かなと。

節約は大きな買い物ほど効果大ですが、最近人生最大の買い物であるマイホーム購入準備をすすめています。新築は高いので中古の木造戸建てを買って劇的ビフォーアフターばりにリフォームする予定です。かなりの大規模リフォームになりますが、それでも新築より総費用がかなり抑えられるので効果大です。

Sponsored Link

ads by google

他にも節約できる点があるかもしれないので、節約ネタがあれば積極的に実践していこうと思います。

余談ですが、かなり定番化しつつある「ふるさと納税」に今年初チャレンジしました。やってみると手続等も意外と簡単でもっと早くやればよかったと思いました。

こちらも節約ネタでは定番化しつつあるスマホを格安SIMに切り替えて携帯代を安くすることにもチャレンジしてみたいですね。その前に新しいi-phoneをゲットしたいので、切り替えタイミングについては悩み中です。

キャッシュマシーン2号(優待株)を大きく

キャッシュマシーン2号として、優待株投資を少しずつ進めています。特定のシーズンになると優待品に加えて、配当がいただけています。銀行預金の金利がかなり残念な世の中ですから、かなりありがたい存在です。

このキャッシュマシーン2号の働きぶりを1年半ほどみてきたうちの奥さんも先日株主優待投資をはじめました。うちの奥さんは株式投資に全く興味のなかったので、はじめたいと言い出した時はびっくりしました。
これからは夫婦で優待株を増やしていけますし、共通の話題が増えてより楽しくなりそうです。

時間を掛けつつもキャッシュマシーン2号を巨大化することが当面の目標です。目標ラインは配当で新しい銘柄が買えるというサイクルを実現したいです。3万円以下で買える銘柄は普通にありますからね。

キャッシュマシーン3号(不動産投資)はかなり時間がかかるけど、目指したい

うちの奥さんと一緒に賃貸経営がしたいと考えていますが、こちらは準備にかなり時間がかかりそうですね。

わたしにとって賃貸経営は小さい時から身近で、実家の敷地内には2階建の貸しアパートが建っていますし(祖父が建てた)、小さい頃は海水浴客に向けた実家駐車場の時間貸しの手伝いなんかをしていました。

小さいころから不動産=商売という感覚です。

大学時代のほぼ毎日一緒にいた友人は実家近くに親の賃貸マンションが3棟建っていて年間収益を聞いてたまげました。元から地主とかではなく、サラリーマン家庭で祖父母の代で不動産を持ったのだそう。祖母がアクティブで60歳を過ぎてからも海外旅行を毎年楽しんでいたというエピソードが印象的でした。

将来リタイアした時になんらかのキャッシュフローは欲しいと思います。年金はあまり信じてません。もちろん払ってはいますが。

まずは中古戸建てを自宅用に買うので、うちの奥さんに工務店さんのリフォームのやり方を吸収してもらい、中古戸建てを夫婦でセルフリフォームできたら生きる力がかなり高くなって楽しそう。完全に奥さん任せの計画です。笑

やっぱりブログは楽しい

不動産投資家であり、ブロガーでもある優待大家さんの初の著書『サラリーマンのままで副業1000万円』を読んでいると、やっぱりブログって楽しいよね、いいもんだよねって思います。

優待大家さんのブログは読むと、独特の文体にゲラゲラ笑ってしまいますし、元気になります。

読む方も楽しいし、書く方も楽しいのがブログだと思っています。さらに東京では企業がブロガーを招待して、新商品を宣伝するイベントなるものもあるそうで、ブログの可能性は広がりっぱなしの感がありますね。

もちろん企業に声をかけてもらえるレベルに到達できているというのが必須条件ではありますが、個人ブログでもいろんなチャンスがあふれています。

さいごに。

現状や将来に経済的な不安があってなにか具体的に行動をしたいと考えているなら『サラリーマンのままで副業1000万円』を読むことを声を大にしておすすめします。

読めばこれはいいかもっていう考え方が見つかると思います。そもそも読み物としておもしろく、優待大家さんの意識高くない感じの目線がちょうどいい感じで、伝えたいことがすーっと入ってきます。

そしていいかもって思うものがあれば、自分もまねをして「リスクの取れる範囲で小さく始めてみればいい」と思います。小さく始めるとその分リスクも小さくなります。著書の中でも「大切なのは小さく始めること」と述べられていてかなり重要なキーワードです。

最後にもう一つ。大切なのは小さく始めること。スモールスタートを心がけることです。(中略)

幸いまだ大きな失敗は経験していませんが、これからも気を大きく持たず、チキンハートで行きたいものです。機動戦士ガンダムに登場するカイ・シデンも、「臆病なくらいがちょうどいいのよね」って言っていました。

ちょいちょいアニメネタをはさんでくるので、とっても読みやすい文章ですよ。

それでは。

Sponsored Link

ads by google

当ブログオリジナルのTシャツです。