【広島県竹原市】竹をテーマにした公園「バンブー・ジョイ・ハイランド」が想像以上に楽しすぎたので是非おすすめしたい。

Sponsored Link

かめごん
どもです。広島県竹原市に遊びに行ってきました。

やってきたのは広島県竹原市のバンブー・ジョイ・ハイランド。竹原といえば、竹原歴史保存地区にニッカウヰスキーの創業者である竹鶴政孝の生家があることが有名で、NHK連続TV小説「マッサン」ブームをきっかけに人が押し寄せていました。竹原といえばまずは歴史保存地区に行くべきというくらいおすすめです。

今回は歴史保存地区から少し足を伸ばしたところにある竹にとことんこだわった公園「バンブー・ジョイ・ハイランド」で1歳の娘と目一杯遊んできました。

バンブー・ジョイ・ハイランドに行ってきた

バンブー・ジョイ・ハイランドは竹原市のまちづくりのシンボルである竹をテーマとした公園です。
公園なのでもちろん無料(これ重要です)。

バンブー・ジョイ・ハイランドの基本情報

所在地 〒729-2313 広島県竹原市高崎町1414
交通案内 JR呉線竹原駅から車で約10分。
山陽自動車道 河内ICから車で約30分。
広島空港から車で約35分。
豊山窯展示館前バス停より徒歩で約30分
電話番号 0846-24-1001
営業時間 8:30~21:30
定休日 月曜日(祝日の場合は水曜日) 年末年始(12月28日~1月3日)
料金 無料(スポーツ施設は有料)
駐車場 普通車350台、身体障害者用8台、バス7台

引用元:http://www.takeharakankou.jp/guide/amuse/bamboojoy.php

竹の生態を体験学習できる竹の館や各種広場、多目的グラウンド・体育館などのスポーツ施設があります。

お花見スポットでもあるので、桜のシーズンにもおすすめですよ。
例年の傾向でみると3月末から4月の最初が開花時期です。

2017年3月25日時点では0分咲き。やはり開花は月末以降みたいですね。

たくさんの遊具がある子供広場で遊ぶなら第1駐車場がおすすめ

バンブー・ジョイ・ハイランドは結構広い。そのため、駐車場も第1~第3駐車場まであります。

第2駐車場と第3駐車場は体育館や運動場、テニスコート、竹の館が近いので、そちらに用事がある方は第2、第3駐車場がおすすめです。小さな子供連れのファミリーで子供広場で遊ぶのが目的の場合は、第1駐車場がおすすめです。

とにかく竹にこだわっている

竹をテーマにした公園だけあって、とにかく竹、竹、竹。

とりあえず車止めはタケノコ。

小さな外灯は小さな竹。

おっきな外灯はおっきな竹。

ボール遊びするなら出会いの広場

バンブー・ジョイ・ハイランドの中心部は出会いの広場と呼ばれる大きな広場。とにかく広いのでおもいっきりボール遊びが出来ます。芝生なので転んでも安心。

子供広場では竹をイメージした遊具がたくさん

本日の主目的である子供広場にやってきました。小さい子供連れファミリーの場合、公園はとても重宝します。
いつも同じところに行ってると飽きてくるのでたまには違う場所に行ってみたくなりますよね。

バンブー・ジョイ・ハイランドの子供広場は竹をイメージした遊具がたくさんあって、おもしろい。

竹チックなアスレチック系遊具。

だれでもかぐや姫気分が味わえる遊具。うちの娘は楽しかったようで、意外と気に入っていました。家族3人でそれぞれに入るのもおすすめ(やってみると意外と楽しい)。

かぐや姫が月に換える乗り物をイメージした滑り台。よく見ると下に車輪がついています。

ひとりで遊べるシーソー。片側に2人で乗ることもできて、とても喜んでました。
普通のシーソーよりも断然危なくない。

子供広場の一番奥には巨大なアスレチック遊具。古さは感じるので、気をつけながら遊びましょう。

Sponsored Link

ads by google

よく見ると支柱なども竹チックなのです。龍は滑り台でかなりスピードが出ます。

こちらの滑り台は全くスピードが出ません。

アスレチック遊具と笹のコラボレーション。

子供広場内で食事もできます。お花見時とか混みそうですね。

竹の館にも行ってみた

せっかくなので竹の生態を体験学習できる竹の館にも行ってみました。

竹の館に入ってすぐに圧巻の巨大イプオルガン風の環響楽器。竹を利用して作られています。

第28回SDA賞(1994年)のシンボル部門に入選しているようです。2016年で第50回と歴史ある賞です。

もちろん演奏できます。竹で出来ているのでどんな音色が出るのか興味津々。

実は竹の種類もいろいろあるという展示物。

竹細工は日本の伝統工芸品です。

竹の編み方もいろいろあるようで、見たこのない編み方がたくさんありました。

個人的に好きだったのはこちらの花六つ目と輪口二重。

竹の館では竹の工芸体験(有料)などもあり、小学生くらいのお子さん連れにおすすめです。大人も子供もいい経験になると思います。

竹の館の周辺にはいろんな種類の笹が植えられています。笹もいろいろ種類がありますね。

正直違いはまったく分かりませんが何かが違うようです。こういうところで教養のありなしが如実に出ますよね。わかるようになりたい。

竹の館側の出会いの広場に結婚記念で桜の植樹がありました。こういうのいいですね。思い出になる。

まとめ

今回は竹がテーマのバンブー・ジョイ・ハイランドに行ってきましたが、予想以上にとっても楽しかった。
広場が大きいのでおもいっきり走り回って遊ぶことが出来ます。ちなみにランニング&ウォーキング教室も開催されていまして、大人も思いっきり走り回っていました。

どこに行っても竹、竹、竹と竹へのこだわりがすごい。遊歩道には本物の竹もありますよ。竹は整備が大変ですが、手を入れて管理されていることがうかがえます。

参考:11月は竹林整備のベストシーズンということで、竹を切ってきました。竹の成長力に驚き、竹林整備のダイナミックさに夢中になる。

ちょっと普段とは違う公園に行きたくなったらバンブー・ジョイ・ハイランドがおすすめ。竹原観光に来た際にでも足を伸ばしてみてください。きっと楽しいですよ。

それでは。

 

Sponsored Link






こちらもおすすめ!当ブログからのスピンアウトブログ。

お金に特化した専門ブログ:戦略的マネーライフ!

ガテン系・技能系の仕事、資格の情報サイト:ガテン系資格を取ろう!