【広島県竹原市】竹原「町並み保存地区」を散策。町並み以外にも見どころがたくさんあって散策するだけで十分楽しいぞ。

Sponsored Link

かめごん
どもです。竹原観光してきました。

広島県竹原市には町並み保存地区というエリアがあり安芸の小京都と呼ばれる風情ある町並みを楽しむことができます。竹原町並み保存地区はNHK連続TV小説「マッサン」のモデルであるニッカウヰスキー創業者 竹鶴政孝氏の生家があるということでも注目を集めました。

安芸の小京都「竹原町並み保存地区」を観光してきたので紹介します。

竹原町並み保存地区を散策

車で竹原町並み保存地区に行く場合は道の駅たけはらに駐車するのがおすすめ。

竹原町並み保存地区には文化的に価値のある私邸が公開(有料 or 無料)されています。とても風情あるので区域内を散策するだけでも十分楽しめます。建築に興味があるなら旧家内を見学するのがおすすめ。

昭和57年12月16日に国の選定を受けた町並み保存地区では、江戸時代から明治・大正・昭和とそれぞれの時代の建築物の歴史的変遷を見ることが出来ます。
引用元:http://www.takeharakankou.jp/guide/see/post_1.php

竹鶴酒造

内部は一般公開はされていませんが、ニッカウヰスキー創業者の竹鶴政孝氏の生家もみることができます。

竹原という場所は塩づくりで栄えた地域。政孝氏の生家である竹鶴酒造ももともとは小笹屋の屋号で塩づくりを営んでいました。1733年より酒造りも手掛けるようになったようです。

旧笹井邸(無料)

その他歴史的に貴重な旧邸が立ち並んでいます。こちらの旧笠井邸は無料で内部を見学することができます。

松坂家住宅(有料)

市重要文化財に指定されている松坂家住宅。18歳以上は200円で内部を見学することが出来ます。
18歳未満と75歳以上は無料。

意匠を凝らした格子を楽しむ

町並み保存地区に立ち並ぶお家はどれも風情があり、細かなオシャレがきらりと光っています。

竹原の町並みにある建造物には、様々な格子を見ることができます。一階部分には出格子があり、中二階には虫籠窓や武者窓と呼ばれる塗格子等があります。ゆっくり歩きながら見て回ると、意匠を凝らした様々な格子に出会えることでしょう。
引用元:http://www.takeharakankou.jp/guide/see/post_1.php

お店や飲食店も充実

お土産の品を買うお店や飲食店もいろいろあって充実しています。

ぎゃらりぃ梅谷。店内に竹原が舞台となったアニメ「たゆまら」のポスターが貼ってありました。

ほり川醤油。一滴万倍という言葉がインパクト大。

花みづき。暑い時期に是非食べたいかき氷。

CAFE青。お洒落な雰囲気で休憩におすすめ。

喫茶ほり川。広島に来たならお好み焼き。

いっぷく。竹原名物鬼瓦そばが食べられるお店。

想像以上にファンキーな出来上がりにびっくり。

浄土宗西方寺

竹原の観光名所のひとつ。町並み保存地区内にあるので、一緒に観光するのがおすすめ。

長い階段を登ると竹原の景色が一望できます。

こちらが西方寺の本堂。

重要文化財に指定されている木造十一面観音像。

Sponsored Link

ads by google

さらに階段を登ります。

階段ではなくアスレチックな感じの道もあります。

こちらが西方寺普明閣。竹原ではとても有名な建築物。

ここから見る景色は竹原全体をさらに一望できます。

細かな見どころもたくさん

明治4年の郵便事業創業当時使用していたものと同じ型の郵便ポスト。現在でも現役で稼働している郵便ポストです。

竹原町並み保存センターは休憩に便利。

何もなさそうに見えて、実は竹で作ったスカイツリーがあったりします。

道をみるだけでワクワクします。

竹原政孝&リタ像は記念撮影スポットとしておすすめ。

一緒に並んで写真撮影。

小道好きとしてはたまらない感じ。

胡堂(恵比寿社)。大林宣彦監督の映画『時をかける少女』でも同じみのスポットとして映画ファンには有名。

竹原市歴史民俗資料館

竹原氏歴史民俗資料館は無料公開と有料公開部分の二つがあり、無料公開部分に竹鶴政孝氏コーナーがあります。

資料の数々。

かかえ地蔵

願い事をしながら地蔵を抱えるというかかえ地蔵もおすすめの観光スポット。坂を少しだけ上る必要があります。

願い事をしながらお地蔵様を抱えます。

藤井酒造:酒蔵交流館(営業時間 10:00-17:00 月曜定休)

日本酒好きなら是非訪れてほしいスポット。町並み保存地区内にあります。

江戸末期に建てられた酒蔵の一角を改造した酒蔵交流館は、太い柱や天井のはりが150年余りの伝統を物語り、ほんのりと酒の香りが漂っています。
酒蔵の一角を情緒たっぷりのコミュニケーションスペースとして開放。酒蔵ならではの無料試飲コーナーや、お酒はもちろん、こだわりの手作り雑貨などのお土産もご用意しています。また、本格手打ち蕎麦を楽しめるそば処もあります。
引用元:http://www.takeharakankou.jp/guide/see/fujiisakagura.php

長い歴史を感じる樽。

手土産としてもおすすめ。

参考:藤井酒造HP

まとめ

竹原の町並み保存地区を散策しました。安芸の小京都と呼ばれるだけあって風情のある町並みで、散策するだけでとても楽しかった。多くの作品の舞台となった地域ですので、関連する作品を見てから訪れるというのもこれまた楽しそうですね。

見どころはたくさんありますので、広島観光に来た際には竹原にも訪れてみることをおすすめします。

参考:【広島県竹原市】竹をテーマにした公園「バンブー・ジョイ・ハイランド」が想像以上に楽しすぎたので是非おすすめしたい。

それでは。

Sponsored Link






こちらもおすすめ!当ブログからのスピンアウトブログ。

お金に特化した専門ブログ:戦略的マネーライフ!

ガテン系・技能系の仕事、資格の情報サイト:ガテン系資格を取ろう!