全国的にも珍しい県庁所在地に湧く温泉。鳥取温泉の丸茂旅館に宿泊した感想。

Sponsored Link

かめごん
どもです。鳥取観光!

家族旅行で鳥取に行ってきました。鳥取は砂丘が有名ですが、実は数多くの温泉がある温泉地。

皆生温泉(かいけおんせん)、三朝温泉(みささおんせん)、はわい温泉、浜村温泉、岩井温泉、鳥取温泉、大山温泉などの温泉があります。

今回は鳥取温泉が楽しめる旅館宿「温泉旅館丸茂(まるも)」に宿泊したのでその感想です。

温泉旅館丸茂へのアクセス

温泉旅館丸茂は鳥取市内にある温泉宿です。鳥取駅から徒歩5分と近く、観光にも便利なロケーション。

住所:〒680-0834 鳥取県鳥取市永楽温泉町458

温泉旅館丸茂の館内はとっても落ち着いた雰囲気

旅館ということもあり、とても落ち着いた雰囲気です。実は国道42号線沿いから見える駐車場周辺の外壁がとても古めかしい感じで大丈夫かなと不安になりました。中に入るととてもきれいで安心しましたよ。

受付カウンター前のこの雰囲気がとても好きでした。カウンター横には鳥取観光情報が載っている小冊子やクーポン券などが置いてあるので要チェックです。

鳥取の旅行がお得に楽しむための必須アイテムである「トリパス」もカウンターでいただけました。

旅館内は決して新しくはないけども歴史を感じる味のある雰囲気。私は好きでしたね。

この階段は特に長い歴史を感じました。

宴会場もあり、中庭を眺めることができます。

どの部屋からでも中庭を眺めることができるので、鳥取市内の中心部にも関わらず落ち着いた雰囲気を楽しむことができます。

最初は迷路みたいな複雑な構造に感じて、探検しているみたいになります。

お部屋の紹介

こちらが宿泊したお部屋です。入り口に2畳のスペースがあり広々としています。

お部屋はこんな感じで味のある雰囲気。

Sponsored Link

ads by google

かめごん
アメニティ―がなんかかわいい感じ。

鳥取土産の銘菓がお茶菓子として置かれていました。

県庁所在地に湧く温泉は全国的に珍しい

こちらの温泉は鳥取温泉。県庁所在地に湧く温泉は全国的に珍しい。

JR鳥取駅から徒歩すぐで入れる温泉ということもあり、ロケーションがいいので観光客には嬉しいところ。

泉温がとても高く、なんと47.7度。めちゃくちゃ熱いです。
1歳の娘の入浴しましたが、娘はとてもじゃないですが入れることができませんでした。それが残念でしたね。

温泉は翌日の朝8時半まで入ることができます。温泉好きには嬉しいですね。

朝食の紹介

朝食付きのプランにしたので朝食は丸茂旅館でいただきました。2泊3日だったので朝食は2回食べました。

1日目はこちらの席でした。小さい子供連れでもゆったりと食べることができました。

2日目は平日だったので、宿泊客も少ないのでこちらのテーブル席。中庭を眺めながら食べる朝食は絶品です。

かめごん
食事をする場所はこんな雰囲気でとてもいい感じ。

こちら1日目の朝食です。

朝はやっぱり魚ですね。ご飯がすすみます。ちなみにご飯はおひつできますが、お替わりができます。

冷や奴も普段は食べないのでとってもおいしかった(朝食はパン食なのです)。

2日目の朝食です。目玉焼きも久しぶりだったので嬉しい。

色合いがきれいで、朝から豪華な感じです。

やっぱり魚はうれしいですね。

まとめ

丸茂旅館はとても過ごしやすい旅館でした。
観光から帰ってくると中居さんが出迎えてくれるので、ホテルとは違う落ち着きがありました。

朝食もおいしかったので大満足です。お米がおいしかったのでおひつでお代わりしてしまいました。

温泉は大人には良かったのですが、小さい子供には熱すぎて入れないのが残念でした。
温泉は朝の8時半まで入れるのが温泉好きには嬉しいところ。

レトロな雰囲気の旅館を楽しみたい方にはドンピシャの旅館だと思いますよ。昔から同じ姿であるんだろうなと考えると、タイムスリップした感じになるのが楽しいです。

それでは。

Sponsored Link






こちらもおすすめ!当ブログからのスピンアウトブログ。

お金に特化した専門ブログ:戦略的マネーライフ!

ガテン系・技能系の仕事、資格の情報サイト:ガテン系資格を取ろう!